佐賀県有田町の有田焼の人間国宝を囲むイベント

佐賀県有田町は、有田焼で非常に有名な地域です。この場所には伝統的な有田焼を作り続ける人が数多く存在しており、中には人間国宝と認められている人も数名いるため、非常に美しい焼き物を見ることが可能な地域でもあります。そのため、佐賀県有田町ではこの人間国宝を囲んだ有田焼にまつわるイベントが数多く行われており、単純に焼き物を見るだけでは知ることができない有田焼の奥深さを知ることができるのも魅力となっています。 佐賀県有田町は江戸時代初期に、日本で初めての磁器がこの町で焼かれた場所です。その後、当時の佐賀藩が磁器生産と販売を支配し、日本の磁器生産の中心産地「有田皿山」として栄えてきました。その地名から有田焼として全国的に有名となり、非常に美しい磁器の生産を続けているのです。そのため、非常に歴史の深い焼き物でもあり、古来からの伝統をそのまま継承し、現在の高い技術を用いた様々な陶磁器とは異なる手作りの味わいを現在に残しているものとなっています。

現在の有田焼の人間国宝

佐賀県有田町ではその技術を現代に広く伝えるために、多くの陶芸家が伝統的な技術を継承し、味わい深いものを作っているのが特徴です。その中でも高い技術を継承し当時の技術を今に伝える高度な能力を持っている人が人間国宝として認められており、現在でも当時の高い技術を生かした有田焼の美しい器を作り続けています。 佐賀県有田町ではこの有田焼の魅力を現代に伝えるために、様々な催しを行っており、実際に人間国宝の人が作る様子を見学することができたり、特に焼き物を行う人が最も興奮する窯出しなども見学することができます。人間国宝が一つ一つ技術の水を尽くして焼き上げた器が目の前に登場する様子は、陶芸ファンでなくても非常に興奮するもの